TOP >> 文化歴史 >> トロッコ跡
 トロッコ跡


 大人気スポット、赤碕遊歩道のすぐ近く。

見上げて見える神戸山(かんべやま)から切り出した石を、
索道でここまで降ろし、トロッコに載せ、船に載せ、本土に運んだそうな。

以前は上を歩いたりして遊んだが、今は風化が進み特に海に近い方は危険な状態となっている。

※ 「山さ行がねが」(管理人・ヨッキれんさん)という廃道、廃線などをを探索しレポートするホームページで、このトロッコ跡を「神津島の積材積出軌道」という題でより詳細に紹介されます。
そちらも是非ご覧下さい!
 
 →神津島の石材積出軌道 【】 【前編】 【後編



【案内看板】

「名組湾とトロッコの跡」

 正面の岩肌の高い山を神戸山と呼び、山全体が抗火石(こうがせき)で形成されている。
 
 昭和十七年頃、建築材料等に利用するため、当時、島外資本による日産化学工業株式会社により、この名組湾まで索道を張り、採石された石が降ろされた。

 そして、更にこの湾の先にある、ボンブと呼ばれる所までトロッコに載せて運び、運搬船に荷積みされた。

 その後、時代の変遷により石の需要も減り、昭和三十年代に積み出しは閉鎖された。当時、最盛期には、この附近に仮屋もあって、多くの人が働いていた。現在が神戸山まで車道が通じて、平成十二年の春まで採石が行われていた。採石された石は今まで住宅や道路の石垣など貴重な天然石として島内で消費されてきた。

昭和六十年代初めに、ようやくこの名組湾にも車道が通じ便利になり、レクリエーション施設・赤崎の木道遊歩道
・ダイビングポイントなども整備され、多くの人が訪れるようになった。

 今では残されているトロッコ橋や、附近に散在している採石・トロッコの車軸などが当時を思い出す名残となっている。又、トロッコ橋の沖合いにかかる夕焼けと神戸山は、四季を通じて印象的な情景を見せてくれる。

平成十五年八月

神津島観光商工課 







以上引用。



撮影日
2012年4月11日